小島基成の全てのチューニングをポジティブに

小島基成のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チト

チト

小島基成


後悔の果てに
ながい
航海の果てに
きみと出逢った
船乗りが
嵐の夜に
湊に辿り着くように
魂の安息所を
きみの中にみつけた
想いは形にすると
逃げていってしまうから
零れ落ちる前に
美しく包んで
あったかにくるんで
言葉を束にして
花束にして
ほどけてしまうまえに

間違いだらけの人生だった
けれど
間違いって
一体何処を指さして言うんだ
それすらもわからなくなってしまうくらいには
間違いだらけの人生だった

ひとりぼっちで生きてきた
誰も信用してはいなかったし
誰も信頼してはいなかった
だから
誰にも理解されることはなかったし
そもそも
理解し合えるとも思わなかった

誰にも言えないことや
言いたくないこと
言ってはいけないこと
言っても伝わらないこと
言っても理解されないこと
言っても誤解されること
言ったらひかれてしまうようなこと

汽笛が鳴ったなら
出立しなければならない
いつまでも
この場所に留まっていることはできないから
依存は
甘えに
甘えは
弱さに
弱さは
後悔へと繋がっていってしまうから

人は
様々な形で
人を裏切るから
深く愛するという行為は確かに恐怖を伴う
人は
様々な形で
人を傷つけるから
深く信じるという行為は時に危険を伴う
深く愛すれば愛するほど
信じれば信じるほど
こころのナマな部分を
さらけだすことになってしまうから
人は
様々な形で
人を
裏切るから
人は
様々な形で
人を
傷つけるから

※雨の音がする
ひとり
本を読みながら
部屋の隅
バリケードを作って
中はとても静かだった
誰も助けにきてはくれないし
誰も助けにきてくれなくていい
ひとりぼっちだった
静かで
ひとりぼっちだった


孤独は人を壊死させる
悪しきものは
いつだってやさしいのですね
どうやら
明るいところよりも
暗い場所の方が
逃げこむのには楽みたいで

もう少し
きのまま
あるがままに
生きていければいいんやろうけれど
そうするには
ずいぶんと
難しい世の中やから
そうするには
ずいぶんと
キツイ
しんどい
世の中やから

底を打った時には
音がきこえる
ぬかるみの中にも
ともしびがみえる
そういえば
はじまりは
いつだって
おしまいの中に含まれてあったっけな

あくまでも個人
個人の付き合いで
あくまでも他者

他者の関係性で
けれども家族で
恋人で
夫婦で
けれども
孤独に
ひとりぼっちで

「愛し合っている」
そこには
他者が介在してくる
ソレが
重荷で
苦しみの土壌で
けれども
癒やし

救いでもあって


この世界に生きていく理由
それを
きみからもらった
だから
もしも
救いがあるとするならば
それはきっと
ぬくもりの方向で

こころがひらける
またたく
いつくしみでみちていく
奥深い
闇の中に
一輪
光のような
音楽

※大丈夫
よくなっていくよ状況は
きみが
それを
ほんとうに望むのであれば
よくなっていくよ
無理はしないように
負けんな
歯は食いしばってな
人は約束で出来ていく
きみに
やさしいうたをうたうよ

※孤独をかき消すようにして
ポエトリーリーディング
大きな声で
でっかい声で
いたみ

つよさへ
かなしみ

やさしさへ
繋げていく
恐れず
繋がっていけ
すべてのマイノリティーに
差別と偏見に
無知と無関心に
無理はしないように
でも
負けるな
居場所は自分でみつけろ
歯を食いしばってな

歯は食いしばってな
  1. 2016/09/28(水) 21:18:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ポイントオブノーリターン

ポイントオブノーリターン

小島基成


大阪
天王寺で産まれ
生野で育つ
親父は朝高
おかんは建国
神や環境を呪っている余裕なんてなく
くる日も来る日も
汗水垂らして
労働
結果俺が産まれる
バブル絶頂期
金に揉まれて育つ
それも泡となって弾ける
辛酸をなめる
入り浸った近所のコンビニに公園
飲み屋
ゲーセン
その筋、塀の中、スレスレの親父と
タバコふかしながらパチンコうってたおかんと
その下に落ちてるスロットのコイン拾って遊んでた俺と
4歳で妹が産まれて
段々と団欒していく家族
癒やされていった孤独と
癒やされきれなかった傷痕と
そこから芽生えた
感性
気概
レベルミュージック


※レプリゼントポエトリーリーディング
レペゼン
夜明け前
イーストバザール
胸にヤマストア
背負ってくパラノイドサーカス
俺達がムシケ
死に別れたあいつらの分もポエトリーリーディング
やめてったあいつらの分もポエトリーリーディング
全てのチューニングをポジティブに
ことばを
きみの胸のうちに置いていく

ポイントオブノーリターン

六時半
目覚ましがなっていったい
俺はなんのために起きて行くのかって自問自答
呪文のように唱える
今日も生きてくために
生きてくために
生きてくために
生きるために
日給8000円
周払いの給料にしがみつくその場しのぎ
浪速区大国2-1-6
今日も空を見上げては
一服ふかして
現場から現場
ルート25、26
内環状線
外環
新御堂
御堂筋
谷町筋
阿倍野筋
我孫子筋
松屋町筋
見えない紐が首に掛かって
今日も生きてく為にチラシ配り
一歩でも前へ
一枚でも多く
一枚でも多く
一歩でも前へ
雨にも負けず
風にも負けず
今日も生きてくために
生きてくために
生きるために


※リフレイン

19歳
初めてあがったライブハウスのステージ
京都三条Voxhall
ブッキングマネージャーchori
理想と現実とのギャップ
埋める為に日々精進
意気消沈
しててもしゃあないしなぁ。
ガラッガラのライブハウスに
人っ子一人いない
ライブバーにクラブに
回るミラーボールだけがやけにやさしく
今日も生き残っていく為に
現場から現場
梅田シャングリラ
江坂pinefarm
天王寺ファイアーループ
心斎橋
火影
新神楽
Pangea
札幌161倉庫
Log
スピリチュアルラウンジ
新潟リバースト
横浜関内ビービーストリート
東京
吉祥寺シルバーエレファント
渋谷乙
名古屋吹上たたらば
福岡四次元
京都二条nano
扇町paradise
南堀江ソーコアファクトリ
今日も生きてく為に
生きる為に
生き残っていく為に
ポエトリーリーディング


※リフレイン


ギャラ受け取って
チャージバックかっさらって
CDうっぱらって
現場から現場
マイク1本
これで生きていく
マイク1本
これで生きてる
アイク一本
今日もこの場所で
いきさせて貰っている

  1. 2016/09/28(水) 21:15:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

一晩たって読んだ告知メールが意外としっくりときたので

夏が雲の上を通り過ぎていって(まだ暑いけれど)、秋が向こう岸でクラウチングスタートの構えをみせていて、いつのまにか、九月になっちまった。

フィリップ・マーロウが

「タフじゃないと生きていけない
けれど
やさしくないと生きている資格がない」

と言ってました(意訳)。

己の生き方=美意識を貫くというのは時にとても困難を伴います。

様々な誘惑がこの下界には存在するし、その誘惑に打ち勝つのは、中々にハードな作業で、
はたからみれば、笑止千万な事でもとうの本人にとってみれば大まじめな事もあって、線引きは難しい。

昨晩、告知メールで、迷惑メールのように、勝手に送らせて貰った文章、一晩たってから読み返してみたら、わりとしっくりと書けていたので、それを元にしながら、のこの文章です。

勝手にマンスリーなんちゃらの9月版。

ナレーションを入れるならば
「ここで場面は変わって」
とかになるんでしょうか。

8月版のムシケ企画に出て頂いたリトルキヨシ先輩が
「大切な場所で大事に育てているイベントに呼んでくれたムシケ」
と書いてくれていて、おぉ我が意を得たり、と。

江坂pinefarmという大切な場所で、paranoid circusというイベントを大事に育てています。

もし、良かったら一度のぞきにきて下さい。

なるべく、タフで、やさしい、空間を作れるよう、ムシケ努力しています。

招待状のつもりで。

9月のゲストは戦友、山田好転が率いる「水、走る」(レゲエとダブと褒め言葉でフィッシュマンズを彷彿とさせるグルーブと名メロディー。めちゃ好きなんです)と国吉亜耶子and西川真吾Duoが生まれ変わったAndare(ホンマにかっこいい、本物、サイボーグ、ストイック120%、必見、必聴、ライブでみて欲しい)。

なんでや、と韻を踏んでみたらば、もうすぐ、あーきですねー。

今年の夏はいかがやったですか?

また、現場でお話出来る日を心待ちにしております。

人生の一コマ、美しい日々があったかく、まだまだ、続いていきますように。

かしこ。

ムシケVo.小島基成


ムシケ presents 「paranoid circus Vol.3」
日時:2016/9/24(土)
会場:大阪 江坂Pinefarm
出演:水、走る/Andare(ex.国吉亜耶子and西川真吾Duo)/ムシケ
開場:19:00
開演:19:20
charge2500円(1D付)
※19:20-19:50分の30分間はオープンマイク。
事前エントリー制。定員最大5名。
持ち時間は最短5分〜最大30分まで、当日のエントリー数によって変動します。
尚、エントリーの際には当日受付にてcharge2500円(1D付)を支払い願います。
ジャンルは勿論フリー。
詩人のポエトリーリーディングから一人芝居、落語、フリップネタ、ダンス、漫才などなど、ジャンルは問いません。
エントリーはmusikepoetry@gmail.comまで、件名に「オープンマイク参加希望」と記載された上で、本文に簡単なプロフィールと連絡先をそえて、お送り下さい。


ps.前回、方々から、長いわって言われたので、今回は短めで。

追伸を読んだよ-って言って貰えれば喜ぶんで是非言ってくださいね(笑)

では、これにて。
  1. 2016/09/01(木) 10:00:29|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サヨウナラの仕方を忘れたぼくらへ

「札幌」

という街を思い浮かべた時に、まず浮かんでくるのは


寒い
大地
探偵はBARにいる

みたいなものだったし、別に今まで自分の人生とはそんなに、というか全然、関わり合いのない土地だったし、今後もそんなに深くコミットしてくることのない土地なんだろうなぁ、と思っていました。
漠然と。

それが、今では、「札幌」と聞いたらたくさんの仲間の顔が浮かんでくるし、元気かなぁ、頑張ってるんかなぁ、頑張ってるなぁ、俺も頑張るか、って。

最終少女ひかさ、こうじ君(東谷、4Days Man's Studio)、勇人(中川)、ゆきちゃん(中川)、光太郎(堀木)、タツロウ(サドンナ)、京くん(奥山)、高野さんに、るぅみぃーさんに、サタケさん、しゅうこさん、名前を聞きそびれた凄くイケてた方、(順不同、わざわざ俺なんかのライブに貴重な身銭と時間を削って遊びに来て頂いて本当にありがとうございました)、161倉庫、LOG、スピリチュアルラウンジ、DUCE、たくさんのうまい飯屋に一緒に夜を作ってくれた共演者にハコのスタッフさん、関係者の皆さん。

ピストル(竹原)さんが、昔、街に帰るんやなく
、人に帰っていく、みたいなことをブログで書いていたような気がするんやけれども、最近になってその意味がおぼろげながらに分かってきたような気がします。

4、5年ぐらい前、一週間ぐらい、ピストルさんに街から街へ、歌い場から歌い場へ、連れて行って貰った事があって。

その時に、「あぁーいいな、俺もこんな風に生きてみたいな」と思って、今でもそれが自分の人生の極北の理想として確かにあります。

うん、今でもあの時に感じた、何か大事なものが、ちゃんと自分の中に根付いている。

ひとつの大切な指針として、確かに、ある。


街から街へ
歌い場から歌い場へ


次はいつ札幌にポエトリーリーディングしに行ける事になるのか。

今の所はまだ分らないのだけれど、なにかと理由をつけてまたライブしに行かせてください。

タイミング、流れ、風向き、いろいろな理由があって、たまたまその場に奇跡みたいな確率で集うのがライブなんだと。

ライブというものを
ライブというものが持っている力を
俺は信じています。

良かったらまた一緒にライブしてくださいね。

ライブというものは、こちらが一方的にするものでも、客席が勝手に盛り上がるものでもなく、双方向に、心と心を通わせて、高みを目指して、えっちらおっちらと。

一瞬の美しい刹那。

そこに辿り着きたいし、その景色を見てみたいし、一緒に共有してみたいです。

だから、良かったら、また是非一緒にライブを作ってくださいね。


それまでどうかお元気で。


「サヨウナラの仕方を忘れたぼくらへ」

という曲を置いていきます。

ぼくが初めて書いたライブ用の詩(曲)です。

7年か8年かたって、ようやく納得のいく形で作品にする事が出来ました。

おそらく、この地点がギリギリ、作品として成立させる事ができるギリギリ最後の地点、だったのかな、と。

あれだけ苦しかった日々も
あれだけ悲しかった日々も
あれだけ辛かった日々も
あれだけキツく惨めだった日々も

ずいぶんと過去のものになりました。

傷口は膿み、化膿して、また膿み、けれども少しずつ、少しずつ、ふさがり、治癒されていき。

たまに、ズキズキと疼くコレは多分もうあの頃のソレとは違っていて、あの頃の深刻さは失われてしまって。

けれども、それが、本当の意味で乗り越える、強くなる、やさしくなる、救われる、という事なんじゃないかな、と、今では思えています。

俺はあの頃、聴く音楽がなかった。

正確には、俺の痛みを引き受けてくれる表現と出逢う事が出来なかった。

そして、だからこそ、この詩を書いたんだと思います。
自分が生きていく為に、どうしても必要な表現やったんだと、思います。

つい最近、この「サヨウナラの仕方を忘れたぼくらへ」という曲を書かざるを得なかった、大きな原因のひとつが見事に解決されました。

その時に、「あぁ自分の中でのこの曲の使命みたいなものがやっと終わったのやな」と。

そして、引き続き残っているものは、永遠に解決される事のない「死」とそれでも生きていかなくてはならない、ぼくらの「未来」のこと。

この曲が、この詩が、この映像が、今、「現時点」で苦しみ、痛み、悲しんでいる、アナタにとっての、何らかの助け、救いみたいなものになってくれる事を、ぼくはどれだけか願ってやみません。

本当に必要な方へ
本当に必要な場所へ

どうかこの作品が届いてくれますように。

2016/7/19(火)

新千歳⇨関空行きの空の上から。

ムシケVo.小島基成



小島基成(from.ムシケ) / サヨウナラの仕方を忘れたぼくらへ@2016/7/17札幌LOG

言葉 小島基成
track 高山裕樹(from.生野中学校)
監督 東谷虎二(4Days Man's Studio)。

http://youtu.be/Paei5tyz8aU



Ps.マイホームタウン大阪につきました。
暑い。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました!!
  1. 2016/07/19(火) 15:16:19|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムシケ presents 「paranoid circus」

ツアーも終わり、それに伴う事務作業も終わり、というわけで、自主企画、 「paranoid circus」について書きます。
いきなりなんで、まずは概要から。

ムシケ presents 「paranoid circus」とは。
「良質な舞台芸術」をテーマに、音楽から演劇、お笑い、創作ダンスなどなど、ありとあらゆる舞台表現をごちゃ混ぜにしたその先にある新しい科学変化=新時代のカルチャー創出を目指して、孤高のポエトリー・ミュージック・クルー「ムシケ」が主催する満を持してのマンスリーイベント。
7/30(土)から毎月末土曜日に大阪は江坂にあるライブ場pinefarmにて開催!
また、ムシケ presents 「paranoid circus」では開場から本編開演までの時間を使って、オープンマイクを開催します。
詩人のポエトリーリーディングから一人芝居、落語、フリップネタ、ダンス、漫才などなど、ジャンルは問いません。
我こそは、という方は気軽に主催の小島基成もしくは会場のPinefarmまでご連絡ください!



このイベントは、そもそもぼくの大学時代からの友人、中川勇人が発起人というか、彼が学生時代からことある毎に言っていた漠然としたアイディアを借用して、肉付けして、面白いことにしたれ、と色々考え、考え、今も引き続き考え続けている、という代物です。

一言で言うと、ぼくが心底から「かっこえーなー」と思った「表現」をしている人らを集めて「どう?」と提示するイベント。

すこし小難しく言うと、日常生活の中で音楽だけを聴き続けている人はわりかし少数派というか、ほとんどいてないと思っていて、誰もが音楽を聴き、それと同時に文学に触れ、また芸人さんの芸で笑い、演劇をみてうなり、ダンスを見て踊り出し、絵画をみては感嘆し、映画で興奮し、、、etc。
ようするに、音楽はあくまでも数ある表現形式のひとつでしかなく、舞台芸術として見た場合、他のジャンルから得られるものが必ずあると思うし、逆に他ジャンルに与える影響も必ずあるはずだし、なのに、なんでみんなバラバラに別々にライブしはるんやろう。
たまには良質な、例えば、クラシックとロックと演歌とレゲエとブルースとジャズとポエトリーリーディングが揃ってライブをしてもいいはずやし、もっと言えば、音楽と漫才と演劇と創作ダンスが一緒のステージの上で同じ時間を分け合ってもいいはずやし、すべきやし、よしやろう!と。

まぁ、こんな感じです。

ぼくは演劇も見にいくし、お笑いも見にいくし、映画館にもいくし、音楽のライブもみにいくし、古典芸能にも興味があるし、ようするに良質な舞台芸術、表現を常に追い求め追い求め、また自分も願わくばそういう良質な表現でありたいと思っているし、その良質な表現が重層的に幾重にも積み重なった先にある、「良質な文化」の一握の砂みたいなものになりたいと。

「paranoid circus」というイベントが、江坂pinefarmという場所が、そいういうカルチャーの発信源になり、ムシケがその一翼を担う存在になることが出来たならば、この時代に生を受け、生きて死んでいく意義みたいなものもちょっとはみいだせるのではないかなぁ、とか、思ったりも。

けれど、いかんせん、ぼくは音楽畑、それもライブハウス畑出身の人間なので、最初のうちはどうしてもそちらに傾いてしまうのは否めないのですが、ゆくゆくはもっともっと多方面の、素晴らしい表現者さんが集うイベントにしたいと思っています。
ぼく自身このイベントを通じて成長していきたいですし、ムシケというチームもこのイベントを通して成長させて貰えるのではあるまいか、とも思っています。
なので、オープンマイクをもうけさせて貰いました。
色々な表現を知りたいというのがその理由の一つです。
色々な表現を持った方が、それこそ簡単にフラリと表現しに来てくれたならば、これ幸い、本当に幸いやなぁと。
あと、もひとつは、年下、若手の方々の武者修行の場にして貰いたいと。
ぼくがもっと若かった頃、色々なイベントの前座をさせて貰うことによって成長させて貰ったので、今こういうカタチでちょっとでも還元させて貰えれば、と思って、恩返し(まだまだまだまだやけれども)のつもりで。

と、ここまでダラダラ、つらつら、と気の向くまま書いてきたのですが、米が炊けたので、晩ご飯の支度にかかります。

すいません!
本当にすいません!

この続きはまた必ず後日に書きますので、後日をお楽しみに!

黙読、ありがとうございました!!
(早くご飯作らな、米が固くなる)



ムシケ presents 「paranoid circus Vol.1」
会場:大阪 江坂Pinefarm
出演:鈴木実貴子ズ(名古屋)/lee-ben/ムシケ
開場:19:00
開演:19:20
charge2500円(1D付)
※19:20-19:50分の30分間はオープンマイク。
事前エントリー制。定員最大5名。
持ち時間は最短5分〜最大30分まで、当日のエントリー数によって変動します。
尚、エントリーの際には当日受付にてcharge2500円(1D付)を支払い願います。
ジャンルは勿論フリー。
詩人のポエトリーリーディングから一人芝居、落語、フリップネタ、ダンス、漫才などなど、ジャンルは問いません。
エントリーはkojimamotonari@gmail.comまで、件名に「オープンマイク参加希望」と記載された上で、本文に簡単なプロフィールと連絡先をそえて、お送り下さい。
  1. 2016/06/13(月) 18:54:55|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。