小島基成の全てのチューニングをポジティブに

小島基成のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

基成ラヂヲ 其の三 「速度制限の果てに」

銀河鉄道という曲の詩を書いたのは、今から5年程前のことで。
その頃、ぼくはまだノルマでライブをしていて、どうやったらこの地獄の季節から抜け出せるんだと、悩みに悩んで、考えに考え抜いた先に辿り着いたのが、
「ノルマなんて関係の無いぐらいに動員があるか」

「ノルマなんてかけるのが憚られるぐらいに格好良いか」
の二択で。
ノルマが10枚だろうが20枚だろうが、それ以上のお客さんが来るのであれば、全く問題なく、後はバック率の交渉になるわけで、これは極めて健全な運営側との付き合い方だと思う。
問題はそうじゃない場合。
お客さんは呼べない。けれど、ライブはしたい。出来れば、なるべく良い条件で。
格好良くなるしかないんだろうなぁと思っていたし、格好良くなるしかないんだろうなぁと思っている。
ぶっちぎりに。運営側も感動してしまうぐらいに、圧倒的に。
そうしたら、情熱のあるハコ、イベンターなら必ず応えてくれるし、応えてくれないのであれば、どちらかだろうと。
すなわち、その運営側が終わっているか、俺達がクソみたいなライブしかしていないか。
ポイントオブノーリターンという曲の詩を去年書いた。
期せずして銀河鉄道という詩の続きみたいになったなぁと個人的には思っているのだけれど、今はおかげさまでどうにかギャラでライブをしているし、チャージバックを貰っているし、ノルマなんてそういえば久しく言われていなく、その代わり本当に必要とされている時にしか呼ばれなくなった。
そして、そのライブは段々と減ってきている。
これは仕方が無い。音楽家なんて、極言してしまえば人気商売なんだから、人気がなくなれば仕事がなくなって、後は趣味でやるか、潔く看板を下ろすか。
原因はいくつかある。ひとつひとつ改善する努力はする。そんなものは当然なこととして。けれど、魂を売るぐらいなら死ぬ。または死ぬぐらいなら魂を売る。もとい、頭を下げて舌を出す。なんでもいいんだけれど、精々後から振り返って悔いの残らない選択を。
そういえば、昔詩人の先輩に「ノルマをかけられているうちは本当のオファーじゃない」というようなことを言われたような記憶がある。その時は何言うてんねん、現場も知らんくせに、と反発していたけれど、今思えばそれはある種の真実で。
 「ああやったら、こうやったら売れる?アホか、格好良かったら勝手に売れんねん」
っていう詩をポエトリーリーディングという新曲の中で書いた。
本当にそう思っているし、それが真実だとも思っている。
けれど、果たして、自分の思う「ホンマに格好良い」はあっているのか、という懐疑は常に持ち続けていきたいなぁとは思う。
俺は絶対に格好良いという確信と、いや、果たして本当にそうか?という振れ幅の中に本当の意味での良い表現があるような気がしているので。
これから、風呂に入って、ストレッチして、練習して、寝る。明日は朝から労働。
やるべきことをやって、次の日へ。
出来なかった日は、反省して次の日へ。
一日一日。
石の上にも3年。

継続は力なり。

かなり真実だと気づいた今日この頃。
答え合わせは、また現場で。

では。
  
  1. 2017/11/12(日) 22:41:48|
  2. 基成ラヂオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 雨音は世界の一番高い場所から>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojimamotonari.blog18.fc2.com/tb.php/629-a3cf4394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。