小島基成の全てのチューニングをポジティブに

小島基成のブログ。

チト

チト

小島基成


後悔の果てに
ながい
航海の果てに
きみと出逢った
船乗りが
嵐の夜に
湊に辿り着くように
魂の安息所を
きみの中にみつけた
想いは形にすると
逃げていってしまうから
零れ落ちる前に
美しく包んで
あったかにくるんで
言葉を束にして
花束にして
ほどけてしまうまえに

間違いだらけの人生だった
けれど
間違いって
一体何処を指さして言うんだ
それすらもわからなくなってしまうくらいには
間違いだらけの人生だった

ひとりぼっちで生きてきた
誰も信用してはいなかったし
誰も信頼してはいなかった
だから
誰にも理解されることはなかったし
そもそも
理解し合えるとも思わなかった

誰にも言えないことや
言いたくないこと
言ってはいけないこと
言っても伝わらないこと
言っても理解されないこと
言っても誤解されること
言ったらひかれてしまうようなこと

汽笛が鳴ったなら
出立しなければならない
いつまでも
この場所に留まっていることはできないから
依存は
甘えに
甘えは
弱さに
弱さは
後悔へと繋がっていってしまうから

人は
様々な形で
人を裏切るから
深く愛するという行為は確かに恐怖を伴う
人は
様々な形で
人を傷つけるから
深く信じるという行為は時に危険を伴う
深く愛すれば愛するほど
信じれば信じるほど
こころのナマな部分を
さらけだすことになってしまうから
人は
様々な形で
人を
裏切るから
人は
様々な形で
人を
傷つけるから

※雨の音がする
ひとり
本を読みながら
部屋の隅
バリケードを作って
中はとても静かだった
誰も助けにきてはくれないし
誰も助けにきてくれなくていい
ひとりぼっちだった
静かで
ひとりぼっちだった


孤独は人を壊死させる
悪しきものは
いつだってやさしいのですね
どうやら
明るいところよりも
暗い場所の方が
逃げこむのには楽みたいで

もう少し
きのまま
あるがままに
生きていければいいんやろうけれど
そうするには
ずいぶんと
難しい世の中やから
そうするには
ずいぶんと
キツイ
しんどい
世の中やから

底を打った時には
音がきこえる
ぬかるみの中にも
ともしびがみえる
そういえば
はじまりは
いつだって
おしまいの中に含まれてあったっけな

あくまでも個人
個人の付き合いで
あくまでも他者

他者の関係性で
けれども家族で
恋人で
夫婦で
けれども
孤独に
ひとりぼっちで

「愛し合っている」
そこには
他者が介在してくる
ソレが
重荷で
苦しみの土壌で
けれども
癒やし

救いでもあって


この世界に生きていく理由
それを
きみからもらった
だから
もしも
救いがあるとするならば
それはきっと
ぬくもりの方向で

こころがひらける
またたく
いつくしみでみちていく
奥深い
闇の中に
一輪
光のような
音楽

※大丈夫
よくなっていくよ状況は
きみが
それを
ほんとうに望むのであれば
よくなっていくよ
無理はしないように
負けんな
歯は食いしばってな
人は約束で出来ていく
きみに
やさしいうたをうたうよ

※孤独をかき消すようにして
ポエトリーリーディング
大きな声で
でっかい声で
いたみ

つよさへ
かなしみ

やさしさへ
繋げていく
恐れず
繋がっていけ
すべてのマイノリティーに
差別と偏見に
無知と無関心に
無理はしないように
でも
負けるな
居場所は自分でみつけろ
歯を食いしばってな

歯は食いしばってな
  1. 2016/09/28(水) 21:18:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<一夜明けて | ホーム | ポイントオブノーリターン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojimamotonari.blog18.fc2.com/tb.php/624-1f825aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)