小島基成の全てのチューニングをポジティブに

小島基成のブログ。

解散と結成と生誕祭

小島基成&SATを終わらせます。
またか、と言われたし思われるかも知れないのですが、1/11@天王寺Fireloopのピーちゃん企画で解散です。

前回と違う点は一点。

新しくバンドを結成しました。

名前やら、なんやらはこれからですが、メンバーはもうすでに決まっています。

以下、思いつくままに。


「感動」という一点を目がけてぼくの創作はあって。

ぼくのつかっとる電子辞書(広辞苑第六版・岩波書店)では感動のことを

「深く物に感じて心を動かすこと」

と定義していて、同時収録されている明鏡国語辞典でも

「物事に(特別な意味や価値を感じて)強く心を動かされること。また、その心持ち」

と定義されているのですが、今ここでぼくの言わんとしている感動という意味もおおむねそういうことで。

昭和町に彩々というラーメン屋さんがあって、ぼくはそこの味噌つけ麺を食べるといつでも感動します。
寺田町のニンニクラーメンを食べる時もそうだし、谷町のラーメンジャンクストーリーの塩つけ麺を食べる時もそう。

昨日凄く久しぶりにマトリックスを見たのだけれどもとても感動したし、つい先日に司馬遼太郎の峠を読み返した時も凄く感動しました。

それがどんな種類のものであれ、感動という作用とそれが引き起こす効果にぼくは全面的に信頼を置いていて。
逆に言うとそれらが得られなくなってしまうという状態に言いようのない危機感を抱いていて。


ぼくがとりあえず目指しているのは、感動しにくい自分を作り上げるということ。
そしてその感動しにくい自分というものを深く感動させるということ。
その感動を分かち合うということ。

その分かち合った感動を超える感動を生み出していくということ。


その感動にたどり着く為に、ぼくはラーメンでも読書でもなく、ライブというものを選択していて。

ぼくは深い感動を、今までに味わったこともないような強烈な感動を創作時またはライブの際に往々にして味わいます。
けれど、感動というものには残念ながら耐性というものがあって、同じものであってもそれが続くと効果は低くなるし、一度強烈な物を味わってしまうと中々に次の強烈さは得られにくくなっていってしまいます。

小島基成という人間には現時点でライブというものがもっとも適した発表の場であると確信しとるわけなのですが、如何せん、発光する感動のレベルがまだまだ淡い。

ぼくはもっともっと感動したいし、もっともっと感動を分かち合うことが出来るはずだとおもっとるし、しかしそのベストのライブ=感動の為には、もっと感動することの出来る曲がいるし、詩がいるのですが、その為には、小島基成&SATでは無理なのです。

とやっとこさ今回の主題に戻ってきた(笑)


どうして無理なのか、そんなはずはない、とずっと思ってきたのですが、ある地点でこれは無理だ、と確信しまして。

そもそも、そういうところに興味がない人間とそういうところでしか生きられない人間とでは生息圏が違っていて、音楽にも色々な種類の感動があって、これがまたお笑いと音楽であれば話はもっと簡単やったかと思うのですが、一括りに音楽で纏めてしまうのが間違いの下なのですが、なんや、ようするに音楽に求める物、ライブに求める物、そこの価値観が近い人間とやりたい。

ということです。


じゃあソロでやったら?というのもずっと頭にあった選択肢なのですが、正直に言うと小島基成&SATでさえも今現時点でのソロよりも高い感動を分かち合えている気がします。
というか、ぼく自身実際にソロでやるよりも、小島基成&SATでやった時の方が深い感動を体験しています。

というか、ソロの先に待ってある感動は正直の所、ブルーハーブを超えないなぁと。

トラックと詩、で考えた場合、それはもうブルーハーブがやっとるわい、と。


「感動」


というものがキーです。

とりあえず、ぼくはそこの所に来年からひどくこだわっていきます。


具体的に言うと2/7に決行する小島基成生誕祭以後、新しいバンドで創作活動期間に入ります。

えー曲達が出来てくるまでライブはしません。

それは今のままでは分かち合うことの出来る感動のテッペンが見えているからです。

逆に言えばライブを再開するときは、そのテッペンが見えなくなった時です。

そして、ぼくはそれが出来ると確信しています。

より深い感動を分かち合うことの出来るメンバーとやっとこさ集うことが出来ました。

つまり、ぼくのいう、そういう感動を大枠にせよ理解してくれている手応え、感触みたいなものがあるのです。

そして、メンバー個々人がぼくに対して投げかけるメッセージにシンパシーするのですぼくも。
そして、ここが凄く大事なのですが、ぼくは今、わくわくしているのです。
とても。


気にかけて貰えたら嬉しいです。

えー曲作りますよってに。




2013/12/31(火)


小島基成

  1. 2013/12/31(火) 18:38:30|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<明日のことを思い出していた | ホーム | ポチポチと>>

コメント

感動の沸点

先日はメールをありがとう。
決意を感じました。
次のバンドにも多いに期待。
音源も楽しみにしてますね。
  1. 2014/01/11(土) 07:31:31 |
  2. URL |
  3. kenta mori #sMlf2UhU
  4. [ 編集 ]

千葉にお一人でいらしてたときにライブを拝見させていただき、CDを購入させていただきました
関西には年に数回ライブを観に行くのでもう一度観たかったのと、千葉で小規模なイベントもやっているので出演していただきたかったです

新しいバンドが始動したらまた千葉にいらしてください
  1. 2014/01/23(木) 01:57:10 |
  2. URL |
  3. sba #MMIYU.WA
  4. [ 編集 ]

Re: 感動の沸点

ケンタさんわざわざありがとうございます!

励みます。

楽しみにしといてください!!
  1. 2014/01/23(木) 20:38:12 |
  2. URL |
  3. 小島基成 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

わざわざコメントありがとうございます!
凄く励みになります!

千葉行きたいです。
何度でも行きたいです!

ぜひお誘いください。

よろしくお願いします!
  1. 2014/01/23(木) 20:39:48 |
  2. URL |
  3. 小島基成 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojimamotonari.blog18.fc2.com/tb.php/578-7444cf96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)