FC2ブログ

小島基成の全てのチューニングをポジティブに

小島基成のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

娘が産まれて、3・11が少しだけ近くなって

娘が水に呑み込まれ、流され、冷たい遺体に変わる。
想像の先に訪れる一瞬の痛み。
その痛みの先に東北が微かにゆらめく。

七年前に二十二歳だったぼくは、大学を卒業したばかりで、バンドを解散させる前で、まだ今のカミさんと付き合ったばっかりで、ガラケーに送られてくる
「できるだけ多くの人に転送してください」
というメールを何のためらいもなく転送して、転送した先の同業者(うたうたい)から
「デマや風評を煽るから気軽にそういう行為をしないほうがいい」
というようなニュアンスの返信を叩き付けられ、その時ぼくはカミさん(当時は彼女。まさか結婚して貰えるなんて、思いもしていなかった)とライフ(スーパー)で買い物をしていたのだけれども、いったい何の具材を買っていたんだっけ。
まだアルコールをやめる前だったから、お酒をたくさん買い込んでいたような記憶がある。

娘がカミさんから出る母乳を飲んでいる。
 
彼女達が最後に口に含むものが、濁った泥水でないことを心のそこから祈る。
けれど、同時にこうも思う。
ぼくや娘やカミさんが、ここで、この家で、あたたかい灯油ストーブの前で、団欒できているのは、本当にたまたまそうであっただけでしかなく、ぼくや娘やカミさんではなくて、あなたの家族や友達や最愛の人達がどうして、人生最後の瞬間に濁った泥水を口にしなければならなかったのか。
どうして、ぼくではなくあなただったのか。
 
アクチュアリティーのない夜にというどうしようもない曲を発表して、けれど、あれがどうしようもないぐらいに当時のぼくのリアルで、それに蓋をして、頑張れや、負けないでや、原発反対や賛成や、リツイートや転送やイイネや絆や思いやりや、募金や支援やボランティアや復興や、インスタバエや、あれから七年たった。
あれから七年。
あれからってなんや。

娘が母乳を飲み終えて、笑っておる。

結局のところ、人は一人で産まれてきて、一人で死んでいく。

ええか、おまえも最後、死ぬときは一人やぞ。おまえは一人っきりで産まれてきたんやし、一人っきりで死んでいくんやし、やから、強く生きろ。
な、一人で生きていくんやぞ。

娘がぐずって泣きだす。

人は元来孤独だ。
ぼくの精子とカミさんの卵子からできた、いうなればぼくとカミさんの分身みたいな娘とでさえ、共有しきれないポイントがたくさん存在する。
親子でさえそうだ。
こいつが何で泣いてるんか、ほんまのほんまはようわからん。

けれど、同時にこうも思う。

孤独と孤立とは違う。
そして、共有は出来なくとも、共感ならできる。
娘が笑ってれば嬉しいし、泣いていると辛い。
彼女が笑っていれば抱っこしたくなるし
彼女が泣いていると抱っこしたくなる。

画面越し

街が津波に流されていく

たくさんの人達が逃げ惑っている

あの流されている車や家の中にも
娘がいる

共有はできなくても共感はできる。

そして、完全ではなくても
たとえそれが完璧ではなくても

共有もできると信じている

3・11

今もぼくは考え続けています。

ぼくはあのとき

どうすればよかったのか。

娘にキチンと伝えなければならない。

この国でなにが起こって
ぼくがそのとき、何を見て、何を考えて、どう行動したのか。

娘はカミさんと二階にあがった。

ぼくは一階の作業場で、ひとり、考えている。

娘が産まれて、3・11が少しだけ近くなった。

たくさんの死者達の上で、生者達は立っている。

魂が

少しでも癒やされていくことを

祈っています。



ムシケ、フロント

小島基成
スポンサーサイト
  1. 2018/03/11(日) 09:43:44|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。