小島基成の全てのチューニングをポジティブに

小島基成のブログ。

サヨウナラの仕方を忘れたぼくらへ

「札幌」

という街を思い浮かべた時に、まず浮かんでくるのは


寒い
大地
探偵はBARにいる

みたいなものだったし、別に今まで自分の人生とはそんなに、というか全然、関わり合いのない土地だったし、今後もそんなに深くコミットしてくることのない土地なんだろうなぁ、と思っていました。
漠然と。

それが、今では、「札幌」と聞いたらたくさんの仲間の顔が浮かんでくるし、元気かなぁ、頑張ってるんかなぁ、頑張ってるなぁ、俺も頑張るか、って。

最終少女ひかさ、こうじ君(東谷、4Days Man's Studio)、勇人(中川)、ゆきちゃん(中川)、光太郎(堀木)、タツロウ(サドンナ)、京くん(奥山)、高野さんに、るぅみぃーさんに、サタケさん、しゅうこさん、名前を聞きそびれた凄くイケてた方、(順不同、わざわざ俺なんかのライブに貴重な身銭と時間を削って遊びに来て頂いて本当にありがとうございました)、161倉庫、LOG、スピリチュアルラウンジ、DUCE、たくさんのうまい飯屋に一緒に夜を作ってくれた共演者にハコのスタッフさん、関係者の皆さん。

ピストル(竹原)さんが、昔、街に帰るんやなく
、人に帰っていく、みたいなことをブログで書いていたような気がするんやけれども、最近になってその意味がおぼろげながらに分かってきたような気がします。

4、5年ぐらい前、一週間ぐらい、ピストルさんに街から街へ、歌い場から歌い場へ、連れて行って貰った事があって。

その時に、「あぁーいいな、俺もこんな風に生きてみたいな」と思って、今でもそれが自分の人生の極北の理想として確かにあります。

うん、今でもあの時に感じた、何か大事なものが、ちゃんと自分の中に根付いている。

ひとつの大切な指針として、確かに、ある。


街から街へ
歌い場から歌い場へ


次はいつ札幌にポエトリーリーディングしに行ける事になるのか。

今の所はまだ分らないのだけれど、なにかと理由をつけてまたライブしに行かせてください。

タイミング、流れ、風向き、いろいろな理由があって、たまたまその場に奇跡みたいな確率で集うのがライブなんだと。

ライブというものを
ライブというものが持っている力を
俺は信じています。

良かったらまた一緒にライブしてくださいね。

ライブというものは、こちらが一方的にするものでも、客席が勝手に盛り上がるものでもなく、双方向に、心と心を通わせて、高みを目指して、えっちらおっちらと。

一瞬の美しい刹那。

そこに辿り着きたいし、その景色を見てみたいし、一緒に共有してみたいです。

だから、良かったら、また是非一緒にライブを作ってくださいね。


それまでどうかお元気で。


「サヨウナラの仕方を忘れたぼくらへ」

という曲を置いていきます。

ぼくが初めて書いたライブ用の詩(曲)です。

7年か8年かたって、ようやく納得のいく形で作品にする事が出来ました。

おそらく、この地点がギリギリ、作品として成立させる事ができるギリギリ最後の地点、だったのかな、と。

あれだけ苦しかった日々も
あれだけ悲しかった日々も
あれだけ辛かった日々も
あれだけキツく惨めだった日々も

ずいぶんと過去のものになりました。

傷口は膿み、化膿して、また膿み、けれども少しずつ、少しずつ、ふさがり、治癒されていき。

たまに、ズキズキと疼くコレは多分もうあの頃のソレとは違っていて、あの頃の深刻さは失われてしまって。

けれども、それが、本当の意味で乗り越える、強くなる、やさしくなる、救われる、という事なんじゃないかな、と、今では思えています。

俺はあの頃、聴く音楽がなかった。

正確には、俺の痛みを引き受けてくれる表現と出逢う事が出来なかった。

そして、だからこそ、この詩を書いたんだと思います。
自分が生きていく為に、どうしても必要な表現やったんだと、思います。

つい最近、この「サヨウナラの仕方を忘れたぼくらへ」という曲を書かざるを得なかった、大きな原因のひとつが見事に解決されました。

その時に、「あぁ自分の中でのこの曲の使命みたいなものがやっと終わったのやな」と。

そして、引き続き残っているものは、永遠に解決される事のない「死」とそれでも生きていかなくてはならない、ぼくらの「未来」のこと。

この曲が、この詩が、この映像が、今、「現時点」で苦しみ、痛み、悲しんでいる、アナタにとっての、何らかの助け、救いみたいなものになってくれる事を、ぼくはどれだけか願ってやみません。

本当に必要な方へ
本当に必要な場所へ

どうかこの作品が届いてくれますように。

2016/7/19(火)

新千歳⇨関空行きの空の上から。

ムシケVo.小島基成



小島基成(from.ムシケ) / サヨウナラの仕方を忘れたぼくらへ@2016/7/17札幌LOG

言葉 小島基成
track 高山裕樹(from.生野中学校)
監督 東谷虎二(4Days Man's Studio)。

http://youtu.be/Paei5tyz8aU



Ps.マイホームタウン大阪につきました。
暑い。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました!!
  1. 2016/07/19(火) 15:16:19|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0