小島基成の全てのチューニングをポジティブに

小島基成のブログ。

ムシケ6月より新体制がスタートします

「全てのチューニングをポジティブにVol.8」
無事大盛況の下、幕を閉じさせて貰いました。
関わって頂いた全ての関係者さん(お客さんも含め)に大きな大きな感謝を、です。
本当に本当にありがとうございました。

11月に1stアルバム「ヌミノーゼ」をリリースしてから、この5月まで、半年間をかけて頑張ってきました。
いうならばムシケ第1クールみたいなもの。
そのムシケ第1クールみたいなものが、これでひとまず、一端おしまいです。

これから色々と反省、点検をしながら、次に生かしていければなぁ、と。

11月に「5月にこうなっておきたい」、と夢想しておりました、杜撰なビジョンの半ばは達成でき、また半ばは達成できなく、そういった意味では予定通りと言えば予定通り。
けれど、全然駄目と言えば全然駄目。

まぁ、見方によるかとは思うのですが、ぼくは、個人的には、やれることはやりきれたかな、と。

勿論、至らない点や、改善点は山ほどあるのですが、少なくとも11月の時と比べて状況は改善されている、という意味合いに於いて、やれることはやりきりました。

助けて下さった全ての方々、力を貸してくれた全ての仲間、のおかげです。

本当にありがとうございました。

本当にありがとう。


そして、そして、ここからが本題であるのですが、6月よりムシケ新体制がスタートします。
いうなれば第2クール。
ずーーーーとグルグルと、同じダンジョンをグルグルとしているかのような既視感。
その閉塞感を打破するために、われわれ今、何が出来るのだろうか。
もっとアグレッシブに、力強く動いていく為にはどうすれば良いのだろうか、と考え、辿り着いたギリギリのポイント。
その結論みたいなものが、この新体制です。

ようはVo.小島基成とdr.佐藤昭頼のツーピースでのライブにチャレンジします。

これは、かなり、本当にかなり、険しい挑戦です。
詩人とドラムの二人です。
わけわからないですよね。

けれど、この坂を登り切った所には、とてつもない、まさに前人未踏のポエトリーリーディングの高みみたいなものが待っているんじゃないか、と思っています。
そして、実際、凄く楽しんで頂ける、アガッて頂ける内容になってきていると自負もしております。

6月から、みなさんの前で披露できるように、猛鍛錬中なので、本当に楽しみにしておいてくださいね。
ぼくらも楽しみにしております。


そして、そしてそして、それに伴いまして、これまで混乱しておりました表記を統一させて貰います。

以下
ライブの際に、
「ムシケ」
と書かれてある場合はVo.小島基成とdr.の佐藤昭頼の2ピースでのライブとなります。
「ムシケ(BAND)」
と書かれてある場合はVo.小島基成、dr.佐藤昭頼に加えましてサポートにその時々に適しました楽器隊が加わります。
「ムシケ(DJSET)」
と書かれてあります場合は、Vo.小島基成に加えまして、その時々に適しましたサポートDJが加わります。
「小島基成」
と書かれてあります場合は、Vo.小島基成のソロです。


と一応書いてはみたのですが、現在の所、ムシケ(BAND)とムシケ(DJSET)はほとんどライブをする予定がないです。
今は、ムシケ(詩人とドラム)がどこまでやれるのか、その一点にかけています。

ホームページ(http://musike.xxxx.jp)のライブスケジュールに新しい予定がupされております。
そいでから、これはまた別日で詳しく書きますが、7月からはマンスリーもスタートします。

色々企んでいますので、少しでも良いモノを届けることが出来るように、試行錯誤しておりますので、ホント、楽しみにしておいてくださいね。

諸々、これからも、こんなぼくらですが、ムシケの事を、どうかよろしくお願いします!


ムシケVo.小島基成



ps.

どうかやすらかに。
  1. 2016/05/09(月) 18:34:42|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0