小島基成の全てのチューニングをポジティブに

小島基成のブログ。

卒制のこととか

体調が悪いので自宅療養中。療養中はすることがないので、読書と執筆にあけくれる。
それからネットサーフィンと。
今読んでいる本は司馬遼太郎の「ひとびとの跫音」。ちなみに二回目。
多分、これからの人生で何十回、何百回と読んでいくだろう作品で。
これを読みおわったら村上春樹の「ノルウェーの森」を読み返そうと思う。
久しぶりに読む本は情緒が微妙に変わっているのでとても新鮮なのだ。
僕がそれだけ変化しているということか。

ノルウェーを読んだなら次は、バルザックの「ゴリオ爺さん」。その次がヘミングウェイの「日はまた昇る」。
んで、吉村昭、谷崎潤一郎、へとバトンを繋ぐ。吉村昭と谷崎潤一郎は買いためているので、気分で読もう。

休暇はやっぱり必要だな。

あっ、そうだ、卒論のなんかを書かないと駄目なんだった。
あー面倒だ。
僕は多分、卒業制作で小説を書く予定なんだけれど、どうなることやら。
大学一年の時に日本語リテラシーの授業で短編小説を書いて、
大学二年の時に平井謙さんの今は無き、pop現代詩講座でアンソロジー詩集の責任編集をして、
あっというか、この詩集、俺が枠組みから何まで全部やったのに、本当に一人で校正、編集、原稿の催促、全部やったのに、手元にないんだよね。だれか、ちょうだい。

閑話(愚痴)休題終わり。

で今年、大学三年でCDを作って、
大学四年で、小説。
個人的には言い流れだと思うんだけど、どうなんだろうか。
卒制では、この全部を提出しようと思う。
だって、卒論や卒制って大学四年間の全てを出し切るものなんでしょう!?
だったら、全部出すしかないだろうよ。

ファイト。おれ。

明日からは2/7に出てくれる人たちの紹介をしようと思う。
ホシヲさんの二の舞にならないように、期日までには書き上げる。
演者の絶対数が違うので、まぁ大丈夫でしょう。

こうご期待!!
  1. 2010/01/31(日) 15:31:33|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ