小島基成の全てのチューニングをポジティブに

小島基成のブログ。

雨音は世界の一番高い場所から

初めて自分のライブ録音を聴いた時、スピーカーから聴こえてきているその声が、普段耳から聞こえている自分の声とあまりにも違っていたので、ショックを受けて、赤面して、もんどりうって、弾けた。
そして、そのスパークは、初めて自分のライブ動画を見た時に頂点に達して。
自分で認識していたパフォーマンスと、画面の中で繰り広げられているソレとがかけ離れ過ぎていて、みっともなくて、滑稽で。
けれど、他者から見えていたのはどうしようもなくこのライブな訳で、そりゃ客はこないし、ノルマは払わなければいけないし、すんません、清算の時に偉そうなことばっかり言って、すんません。
産まれてからこのかた、ずっと鏡を見ながら生きてきた。
自分の顔を認識する方法は基本的に鏡だし、それについて、その鏡に映っている自分の顔について、疑ってみたこともなかった。けれど、よく考えてみると、鏡というのは自分の顔を反転させて映している。
ということは、自分は自分の顔を反転させて認識しているということで、これは考えようによってはかなり危ない。
自己認識と他者からの見え方。
そこの差異に怪物は潜むものだし、それが大きければ大きいほど、まずい。

表現をしていると、自己の内面と向き合う時間が否応なしに増えていく。
というか、向き合わざるを得ない。
どの引き出しを開けるか。
どの部屋に入って、どこを掘り進めるか。
その時に手がかりになるのが、自分の持ち札と、他者からの見え方。
自分の中から発掘してきたものを相手にぶつけて返ってきた反応が、どれだけ予想とずれているか。
その差異がどこに由来しているのか。
自分の根っこ近くにある性質Aが、外に出ていく過程でBと交わりCに変化し、相手が受けとる時には相手の性質Dと融合してEになる。
それがFとして自分に返ってくるとき。
その時にぼくがそれを
 「あぁそうか。このFは俺のAのことか」
と、どれだけ翻訳することができるか。
もしくは理解することができるか。(勿論、Aには環境因子A1と遺伝要素A2が含まれていて、そのA1やA2にもそれぞれA♭やA♯が関わってきているのだけれど、そこまで言い出すと際限がなくなるのでここまで)
 
ぼくが今目指しているのは、それらを全部辿りきった後に一瞬だけ訪れる問答無用の言語化できないアレを、言語として留めること。
それが叶ったときにはえー曲ができるのやけれど、中々に難しい。
多分なんだけれど、感動というものをいくつ見つけてくることができるか、それにつきるのだと思う。
自分のみつけてきた感動をつなぎ合わせて、合わせて、どこの入り口からでも、ゴールである静寂のような場所へ。
その場所が寂静や涅槃、慈悲や愛と呼ばれる場所ならば、ぼくはそれを励みに歩んでゆけるのだけれども。
 
どちらが本当の自分なんだろうか。
鏡を見ているとたまにそのことを思う。
ぼくの場合、顔の左右非対称具合がひどいので、そういう意味でもどちらがより真実の自分に近いのだろうか、と惑うし、前述した、鏡に映っている自分と他者から見えている自分という意味合いに於いても、どちらがより本当の自分なんだろうか、って。
どちらも自分、もしくは、その非対称性を超えていく。
超えた先に癒合した超サイヤ人的な自分。
超人≓仏≓神≓無≓空。
一元論。
ここまできてまた最初に戻って、どちらがより本当の自分なんだろうかって。
陰と陽。
二元論がずっと頭の中で鳴っている。
きっと、「どちらか」ではなく、「どちらも」。
となると多元論。
 
迷いが多いなぁ。
今夜も。

雨音が世界の一番高い場所から落ちてくる。
  1. 2017/10/15(日) 18:08:18|
  2. 基成ラヂオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「基成ラヂヲ」

「基成ラヂヲ」

この前のbon-sanとのミーティングで、

「毎週日曜日に何かするというのを徹底しようか。今のムシケに一番足りてないのは継続性やから、かっこわらい。」
というのを話して、その場で決まったのが

①第一日曜日にムシケラジオをup
②第二日曜日に基成がブログをup
③第三日曜日にbon-sanがbon-san timeをup
④第四日曜日にムシケの新曲をup
⑤第五日曜日は休み

というもの。
その流れの一環として、今、ぼくがこうしてこの文章を。

①はそのまま
②はあとで
③はbon-sanがなんかするのでお楽しみに
④はとにかくスピーディーにラフでも作りかけでもなんでもいいので、曲をあげようかい
⑤・・・・

と。


基成ラジオというのをやっていたのです。
村上春樹の村上ラジオに触発されて、毎週水曜日にブログを書き続けるというそれを、今調べたら計34回。
2012年~2013年にかけてやから、24歳とかそれぐらいの時に。
あの時は色々あって、言うなれば一つのターニングポイントというやつで、ステージをひとつ上に上げるために色々と努力していかなあかんなと決意した時期で、継続して何か物事をやっていかなあかんな、という時期で、うわ凄い。今と似ているわ。

あれから随分とたくさんの物事があって。

けれど、まぁまたこうして何かを書けるというのは素晴らしいことです。

そして、何かを変えなければいけない、と思った時期に、何かを継続して行わなければいけないと思った時期に、またこうしてブログを定期的に書こうと決意したのも、何かのあれなんでしょう。
そう。あれよあれ。

というわけで、これから毎月第二日曜日は基成ラジオと題してブログをupするので、よろしくお願いします。
とりあえず、年内いっぱい続けばええなぁーと個人的には思っております。
いかんせん継続性がない人間なもんで、それがあかんなぁとは思っているのですが、なんにせよ自信がないもので、こっそりと始め、ひっそりと続いていければ、と、ここまで書いてみて、まてよ、まさかなぁ、と思って前回の基成ラジオの第1回目を読み返して見ると同じようなことを書いてました(笑)

駄目だこりゃ。

4年も経てばちょっとはマシになるかとおもいきや、人間の本性というものは中々に変えられないみたいです。
いやはや。

しかも今回はウィークリーやなく、マンスリー。
やのに気弱な宣言からなんて。
いやはや。

気長に頑張ってくので、よろしくお願いします。

  1. 2017/09/10(日) 23:39:17|
  2. 基成ラヂオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「最終少女ひかさ解散発表に寄せて」

最終少女ひかさ解散発表の2週間程前、Vo.の但野正和から電話があって、1時間8分41秒話し込んだ。

言いたい事は言ったし、聞きたい事も聞いた。

途中、正和と俺の立場が逆なら、正和は俺になんて言うんやろうなって何度も思った。

何度も思って、結局、言えることなんて、本質的には何にも無いことに気付いた。

全部、野暮になるもんな。


散々話した末の最後の会話。

基成「今から何するん?」
正和「今からスタジオで個人練」
基成「俺も今から練習やわ!」

ソノ夜はしんどいから、もう寝ようと思っていたのは、ここだけの話。


コイツ相変わらずストイックやわ。
負けてられんわ。
って無理して練習して、眠った。


ソノ2日後にインフルエンザにかかってしまったのは、ここだけの話。


例えばもしムシケが解散を発表したとして、ひかさみたいに、これだけの人がこれだけの反応を返してくれるだろうか。

無いやろうなぁ。

なんというか、その部分だけをとってみても、変な言い方だけれど、ひかさのことを羨ましいと思った。

それと同時に、やからこそ、もったいない、と。

その状況を俺らによこせ、俺らならもっとこうしたる、ああしたるって、そうか、もうこれすらも思えんくなるんか。


初めてあったのは京都nano。

あれは何年前や。

確か2013年やったから、そっか、もう4年近くになるのか。

結局、最終少女ひかさっていうバンドがあるうちにムシケは同じ土俵まで上がる事は出来なかった。

スタートは同じような場所からやったはずやのに、随分と差が開いちまった。

でもまぁ、解散したらば、勝負(っていうのがもしあるとするならば)は俺らの勝ち。

お前らの分も売れたるから、安心して散ってこい。

なんて、これも最後になるんやなぁ。

いくつかの、眩い夜が、記憶の中をチラチラいったりきたりしよる。

奴らの初めての企画(161倉庫)、小島基成企画(ファイアーループ2001)、漢だらけ(Duce)、因縁(161倉庫)、あの夜の続き(ソーコアファクトリー)、あの夜の終わらせ方(アポロベイス)、あ、ハードレインもあった。

どれもこれも死闘やったし、最高の夜やったし、最後は勝ち負けとかそーいうのやない場所へまで行けたような気がしているし、行ったし、また、夜を分け合いたかった。

また一瞬にライブしたかったなぁ。


ぼくにとって最終少女ひかさというバンドは負けたくないのに勝ちたいとは思わない、稀有のバンドでした。

戦友でした。

でした。


奴らの旅はもうゴールが見えて、後は到着するだけ。

悲しいやら、妬ましいやら、寂しいやら、羨ましいやら。

そっか、奴らはもうこの地獄という名の天国という名の地獄=ステージの上に上がらなくてすむのか。

あのキリキリするくらいの緊張感も、ギリギリの攻防も希望も絶望も、それらの先に稀に訪れる一瞬の歓喜も、全部置き去りにして、それぞれの居場所へと帰っていくのか。

その先にまた、それぞれの新しい旅は始まっていくのか、それとも道はそこで途絶えて、違うステージに移るのか、どうなのだろうか。


いいものを作ってれば、そのうち何処かでひょっこり再会できる。
カタチは変わったとしても、また、いつかどっかで。

そう信じて、僕らは僕らの道を進むだけ。


また、どっかで。

また、必ず、何処かで。


ムシケの旅の途上でまた、最終少女ひかさのメンバー達と巡り逢える日を俺は楽しみに、楽しみにして、もうちょっとだけこのステージの上にしがみついていこうと思います。


最終少女ひかさへ
ムシケより

逃げんなや。


嘘。


お疲れさん。

残りのライブ、精一杯、全力でな。


最終少女ひかさへ
ムシケより


愛を込めて。


ムシケVo.小島基成


Ps.ギターのしゅんきが俺に電話してこなかった件については、一生根に持ちます。
  1. 2017/04/26(水) 01:00:53|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

一夜明けて

何年か前にやっていた(確かNHKで)ドラマ版のロンググッドバイで
「何の見返りも求めず、ただ自分が正しいと思う方を選ぶことのできる人間」
という科白があって、わーすごく良い科白だなー、と。
その科白を聞いて以来、ぼくの中でのハードボイルドの定義が
「自分の正しいと思った道を、なんの見返りも求めずに選べる人」
になって。

6年前、ぼくの中の
「自分の正しいと思った道」は「現地になりふり構わず行く」ことで、他人がどうあれ、世間がどうあれ、その道を「なんの見返りも求めずに貫く」ことで、それを糊塗して、酒でごまかして、テレビをみながら、涙を流そうとしている場合じゃないだろう。
なぁ、お前。
そんな場合じゃないだろう。

コンビニのレジを打ちながら、現地に「行かない」ことを「行けない」ことに置き換えて、芋焼酎飲みながら、それらしいことを賢しげにツイートしていた、あのとき、あの瞬間。

ぼくはとことん格好悪く、うだうだグダグダ言い訳が多く、アタマの中を正当化する術、手管を駆使するのに精一杯で、必死で、一言で言うなら醜悪だった。

「今なら」

熊本で地震がおこって、東日本大震災の時「やらなかった」ことを実行して。
周りが何を言おうが、他人にどう思われようが、「自分の正しいと思った道」を行って。
けれど、果たしてそれは、「なんの見返りも求めずに」だったのか?
「売れる為」に、「そのキッカケの為」に、という、「見返り」は求めていなかったのか?
違うよな。
そこまで、かっこよくはあれなかったよな。

結局のところ、「東日本大震災」の時にかっこ悪かった自分を乗り越えるために「熊本地震」を利用した。

「アクチュアリティーのない夜に」という作品を発表している立場として、どう見られて、どう求められて、どう行動しなければいけないのか。

頭の中には、様々な自分が様々な角度で格闘し合っていた。

3.11から六年経って、熊本地震から約二年が経って、まだまだ、まだまだ、「自分の正しいと思った道を、なんの見返りも求めずに選べ」てはいないし、いまも、日々、悶え、悩み、苦しみ、足掻き、闘い、それでも、少しでも、マシな人間になろうと、努力し、研鑽し、律し、今もこうして、この場所に。


「自制するために克己すると自律する」

この六年間で、ぼくが辿り着いたささやかな結論です。

ようするに、「少しでもマシな人間に成り続けていく為に、自分で決めた美学は守り続けていく」ということです。

ぼくは今も、この瞬間も、自分に負けたり、勝ったり、を繰り返し、繰り返し、繰り返しながら、前向きに生きています。

そして、それが、ぼくの6年間です。


いくつもの枝分かれした道の一番さきっぽが、今。


朝から洗濯機を回して、干して、パンを焼いて、スクランブルエッグとレタスとタマネギのサラダと昨晩の残り物の冷製パスタと生ハムと、コーヒー。
毎日新聞を読みながらカミさんと今日の予定について話す。

おだやかな日曜日。

車を買い換えようかどうか迷いながら何時間もネットで中古車サイトをあっちこっち飛び回り、筋トレして、たこ焼きを買いに出かけ、食べ、晩飯の牛タンを買って、食べ、レッドブル飲みながら、いくつかの、自らが選択した道の、一番さきっぽの未来。

つまりが、いま。

そんな何気ない日常が一瞬にして流されていったあの日。


「死ぬその寸前、瞬間、願わくば死したその後にまで、一秒たりともサボらないように努力し続ける」

それが、「アクチュアリティーのない夜に」というどうしようもない作品をYouTubeにUPし続けているぼくという人間の、選択です。

いくつもの枝分かれした道の一番さきっぽで、今日も。

いまも。


2017.3.12

ムシケVo.小島基成
  1. 2017/03/12(日) 22:46:45|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チト

チト

小島基成


後悔の果てに
ながい
航海の果てに
きみと出逢った
船乗りが
嵐の夜に
湊に辿り着くように
魂の安息所を
きみの中にみつけた
想いは形にすると
逃げていってしまうから
零れ落ちる前に
美しく包んで
あったかにくるんで
言葉を束にして
花束にして
ほどけてしまうまえに

間違いだらけの人生だった
けれど
間違いって
一体何処を指さして言うんだ
それすらもわからなくなってしまうくらいには
間違いだらけの人生だった

ひとりぼっちで生きてきた
誰も信用してはいなかったし
誰も信頼してはいなかった
だから
誰にも理解されることはなかったし
そもそも
理解し合えるとも思わなかった

誰にも言えないことや
言いたくないこと
言ってはいけないこと
言っても伝わらないこと
言っても理解されないこと
言っても誤解されること
言ったらひかれてしまうようなこと

汽笛が鳴ったなら
出立しなければならない
いつまでも
この場所に留まっていることはできないから
依存は
甘えに
甘えは
弱さに
弱さは
後悔へと繋がっていってしまうから

人は
様々な形で
人を裏切るから
深く愛するという行為は確かに恐怖を伴う
人は
様々な形で
人を傷つけるから
深く信じるという行為は時に危険を伴う
深く愛すれば愛するほど
信じれば信じるほど
こころのナマな部分を
さらけだすことになってしまうから
人は
様々な形で
人を
裏切るから
人は
様々な形で
人を
傷つけるから

※雨の音がする
ひとり
本を読みながら
部屋の隅
バリケードを作って
中はとても静かだった
誰も助けにきてはくれないし
誰も助けにきてくれなくていい
ひとりぼっちだった
静かで
ひとりぼっちだった


孤独は人を壊死させる
悪しきものは
いつだってやさしいのですね
どうやら
明るいところよりも
暗い場所の方が
逃げこむのには楽みたいで

もう少し
きのまま
あるがままに
生きていければいいんやろうけれど
そうするには
ずいぶんと
難しい世の中やから
そうするには
ずいぶんと
キツイ
しんどい
世の中やから

底を打った時には
音がきこえる
ぬかるみの中にも
ともしびがみえる
そういえば
はじまりは
いつだって
おしまいの中に含まれてあったっけな

あくまでも個人
個人の付き合いで
あくまでも他者

他者の関係性で
けれども家族で
恋人で
夫婦で
けれども
孤独に
ひとりぼっちで

「愛し合っている」
そこには
他者が介在してくる
ソレが
重荷で
苦しみの土壌で
けれども
癒やし

救いでもあって


この世界に生きていく理由
それを
きみからもらった
だから
もしも
救いがあるとするならば
それはきっと
ぬくもりの方向で

こころがひらける
またたく
いつくしみでみちていく
奥深い
闇の中に
一輪
光のような
音楽

※大丈夫
よくなっていくよ状況は
きみが
それを
ほんとうに望むのであれば
よくなっていくよ
無理はしないように
負けんな
歯は食いしばってな
人は約束で出来ていく
きみに
やさしいうたをうたうよ

※孤独をかき消すようにして
ポエトリーリーディング
大きな声で
でっかい声で
いたみ

つよさへ
かなしみ

やさしさへ
繋げていく
恐れず
繋がっていけ
すべてのマイノリティーに
差別と偏見に
無知と無関心に
無理はしないように
でも
負けるな
居場所は自分でみつけろ
歯を食いしばってな

歯は食いしばってな
  1. 2016/09/28(水) 21:18:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ