FC2ブログ

小島基成の全てのチューニングをポジティブに

小島基成のブログ。

娘が産まれて、3・11が少しだけ近くなって

娘が水に呑み込まれ、流され、冷たい遺体に変わる。
想像の先に訪れる一瞬の痛み。
その痛みの先に東北が微かにゆらめく。

七年前に二十二歳だったぼくは、大学を卒業したばかりで、バンドを解散させる前で、まだ今のカミさんと付き合ったばっかりで、ガラケーに送られてくる
「できるだけ多くの人に転送してください」
というメールを何のためらいもなく転送して、転送した先の同業者(うたうたい)から
「デマや風評を煽るから気軽にそういう行為をしないほうがいい」
というようなニュアンスの返信を叩き付けられ、その時ぼくはカミさん(当時は彼女。まさか結婚して貰えるなんて、思いもしていなかった)とライフ(スーパー)で買い物をしていたのだけれども、いったい何の具材を買っていたんだっけ。
まだアルコールをやめる前だったから、お酒をたくさん買い込んでいたような記憶がある。

娘がカミさんから出る母乳を飲んでいる。
 
彼女達が最後に口に含むものが、濁った泥水でないことを心のそこから祈る。
けれど、同時にこうも思う。
ぼくや娘やカミさんが、ここで、この家で、あたたかい灯油ストーブの前で、団欒できているのは、本当にたまたまそうであっただけでしかなく、ぼくや娘やカミさんではなくて、あなたの家族や友達や最愛の人達がどうして、人生最後の瞬間に濁った泥水を口にしなければならなかったのか。
どうして、ぼくではなくあなただったのか。
 
アクチュアリティーのない夜にというどうしようもない曲を発表して、けれど、あれがどうしようもないぐらいに当時のぼくのリアルで、それに蓋をして、頑張れや、負けないでや、原発反対や賛成や、リツイートや転送やイイネや絆や思いやりや、募金や支援やボランティアや復興や、インスタバエや、あれから七年たった。
あれから七年。
あれからってなんや。

娘が母乳を飲み終えて、笑っておる。

結局のところ、人は一人で産まれてきて、一人で死んでいく。

ええか、おまえも最後、死ぬときは一人やぞ。おまえは一人っきりで産まれてきたんやし、一人っきりで死んでいくんやし、やから、強く生きろ。
な、一人で生きていくんやぞ。

娘がぐずって泣きだす。

人は元来孤独だ。
ぼくの精子とカミさんの卵子からできた、いうなればぼくとカミさんの分身みたいな娘とでさえ、共有しきれないポイントがたくさん存在する。
親子でさえそうだ。
こいつが何で泣いてるんか、ほんまのほんまはようわからん。

けれど、同時にこうも思う。

孤独と孤立とは違う。
そして、共有は出来なくとも、共感ならできる。
娘が笑ってれば嬉しいし、泣いていると辛い。
彼女が笑っていれば抱っこしたくなるし
彼女が泣いていると抱っこしたくなる。

画面越し

街が津波に流されていく

たくさんの人達が逃げ惑っている

あの流されている車や家の中にも
娘がいる

共有はできなくても共感はできる。

そして、完全ではなくても
たとえそれが完璧ではなくても

共有もできると信じている

3・11

今もぼくは考え続けています。

ぼくはあのとき

どうすればよかったのか。

娘にキチンと伝えなければならない。

この国でなにが起こって
ぼくがそのとき、何を見て、何を考えて、どう行動したのか。

娘はカミさんと二階にあがった。

ぼくは一階の作業場で、ひとり、考えている。

娘が産まれて、3・11が少しだけ近くなった。

たくさんの死者達の上で、生者達は立っている。

魂が

少しでも癒やされていくことを

祈っています。



ムシケ、フロント

小島基成
スポンサーサイト



  1. 2018/03/11(日) 09:43:44|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

基成ラヂヲ 其の三 「速度制限の果てに」

銀河鉄道という曲の詩を書いたのは、今から5年程前のことで。
その頃、ぼくはまだノルマでライブをしていて、どうやったらこの地獄の季節から抜け出せるんだと、悩みに悩んで、考えに考え抜いた先に辿り着いたのが、
「ノルマなんて関係の無いぐらいに動員があるか」

「ノルマなんてかけるのが憚られるぐらいに格好良いか」
の二択で。
ノルマが10枚だろうが20枚だろうが、それ以上のお客さんが来るのであれば、全く問題なく、後はバック率の交渉になるわけで、これは極めて健全な運営側との付き合い方だと思う。
問題はそうじゃない場合。
お客さんは呼べない。けれど、ライブはしたい。出来れば、なるべく良い条件で。
格好良くなるしかないんだろうなぁと思っていたし、格好良くなるしかないんだろうなぁと思っている。
ぶっちぎりに。運営側も感動してしまうぐらいに、圧倒的に。
そうしたら、情熱のあるハコ、イベンターなら必ず応えてくれるし、応えてくれないのであれば、どちらかだろうと。
すなわち、その運営側が終わっているか、俺達がクソみたいなライブしかしていないか。
ポイントオブノーリターンという曲の詩を去年書いた。
期せずして銀河鉄道という詩の続きみたいになったなぁと個人的には思っているのだけれど、今はおかげさまでどうにかギャラでライブをしているし、チャージバックを貰っているし、ノルマなんてそういえば久しく言われていなく、その代わり本当に必要とされている時にしか呼ばれなくなった。
そして、そのライブは段々と減ってきている。
これは仕方が無い。音楽家なんて、極言してしまえば人気商売なんだから、人気がなくなれば仕事がなくなって、後は趣味でやるか、潔く看板を下ろすか。
原因はいくつかある。ひとつひとつ改善する努力はする。そんなものは当然なこととして。けれど、魂を売るぐらいなら死ぬ。または死ぬぐらいなら魂を売る。もとい、頭を下げて舌を出す。なんでもいいんだけれど、精々後から振り返って悔いの残らない選択を。
そういえば、昔詩人の先輩に「ノルマをかけられているうちは本当のオファーじゃない」というようなことを言われたような記憶がある。その時は何言うてんねん、現場も知らんくせに、と反発していたけれど、今思えばそれはある種の真実で。
 「ああやったら、こうやったら売れる?アホか、格好良かったら勝手に売れんねん」
っていう詩をポエトリーリーディングという新曲の中で書いた。
本当にそう思っているし、それが真実だとも思っている。
けれど、果たして、自分の思う「ホンマに格好良い」はあっているのか、という懐疑は常に持ち続けていきたいなぁとは思う。
俺は絶対に格好良いという確信と、いや、果たして本当にそうか?という振れ幅の中に本当の意味での良い表現があるような気がしているので。
これから、風呂に入って、ストレッチして、練習して、寝る。明日は朝から労働。
やるべきことをやって、次の日へ。
出来なかった日は、反省して次の日へ。
一日一日。
石の上にも3年。

継続は力なり。

かなり真実だと気づいた今日この頃。
答え合わせは、また現場で。

では。
  
  1. 2017/11/12(日) 22:41:48|
  2. 基成ラヂオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨音は世界の一番高い場所から

初めて自分のライブ録音を聴いた時、スピーカーから聴こえてきているその声が、普段耳から聞こえている自分の声とあまりにも違っていたので、ショックを受けて、赤面して、もんどりうって、弾けた。
そして、そのスパークは、初めて自分のライブ動画を見た時に頂点に達して。
自分で認識していたパフォーマンスと、画面の中で繰り広げられているソレとがかけ離れ過ぎていて、みっともなくて、滑稽で。
けれど、他者から見えていたのはどうしようもなくこのライブな訳で、そりゃ客はこないし、ノルマは払わなければいけないし、すんません、清算の時に偉そうなことばっかり言って、すんません。
産まれてからこのかた、ずっと鏡を見ながら生きてきた。
自分の顔を認識する方法は基本的に鏡だし、それについて、その鏡に映っている自分の顔について、疑ってみたこともなかった。けれど、よく考えてみると、鏡というのは自分の顔を反転させて映している。
ということは、自分は自分の顔を反転させて認識しているということで、これは考えようによってはかなり危ない。
自己認識と他者からの見え方。
そこの差異に怪物は潜むものだし、それが大きければ大きいほど、まずい。

表現をしていると、自己の内面と向き合う時間が否応なしに増えていく。
というか、向き合わざるを得ない。
どの引き出しを開けるか。
どの部屋に入って、どこを掘り進めるか。
その時に手がかりになるのが、自分の持ち札と、他者からの見え方。
自分の中から発掘してきたものを相手にぶつけて返ってきた反応が、どれだけ予想とずれているか。
その差異がどこに由来しているのか。
自分の根っこ近くにある性質Aが、外に出ていく過程でBと交わりCに変化し、相手が受けとる時には相手の性質Dと融合してEになる。
それがFとして自分に返ってくるとき。
その時にぼくがそれを
 「あぁそうか。このFは俺のAのことか」
と、どれだけ翻訳することができるか。
もしくは理解することができるか。(勿論、Aには環境因子A1と遺伝要素A2が含まれていて、そのA1やA2にもそれぞれA♭やA♯が関わってきているのだけれど、そこまで言い出すと際限がなくなるのでここまで)
 
ぼくが今目指しているのは、それらを全部辿りきった後に一瞬だけ訪れる問答無用の言語化できないアレを、言語として留めること。
それが叶ったときにはえー曲ができるのやけれど、中々に難しい。
多分なんだけれど、感動というものをいくつ見つけてくることができるか、それにつきるのだと思う。
自分のみつけてきた感動をつなぎ合わせて、合わせて、どこの入り口からでも、ゴールである静寂のような場所へ。
その場所が寂静や涅槃、慈悲や愛と呼ばれる場所ならば、ぼくはそれを励みに歩んでゆけるのだけれども。
 
どちらが本当の自分なんだろうか。
鏡を見ているとたまにそのことを思う。
ぼくの場合、顔の左右非対称具合がひどいので、そういう意味でもどちらがより真実の自分に近いのだろうか、と惑うし、前述した、鏡に映っている自分と他者から見えている自分という意味合いに於いても、どちらがより本当の自分なんだろうか、って。
どちらも自分、もしくは、その非対称性を超えていく。
超えた先に癒合した超サイヤ人的な自分。
超人≓仏≓神≓無≓空。
一元論。
ここまできてまた最初に戻って、どちらがより本当の自分なんだろうかって。
陰と陽。
二元論がずっと頭の中で鳴っている。
きっと、「どちらか」ではなく、「どちらも」。
となると多元論。
 
迷いが多いなぁ。
今夜も。

雨音が世界の一番高い場所から落ちてくる。
  1. 2017/10/15(日) 18:08:18|
  2. 基成ラヂオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「基成ラヂヲ」

「基成ラヂヲ」

この前のbon-sanとのミーティングで、

「毎週日曜日に何かするというのを徹底しようか。今のムシケに一番足りてないのは継続性やから、かっこわらい。」
というのを話して、その場で決まったのが

①第一日曜日にムシケラジオをup
②第二日曜日に基成がブログをup
③第三日曜日にbon-sanがbon-san timeをup
④第四日曜日にムシケの新曲をup
⑤第五日曜日は休み

というもの。
その流れの一環として、今、ぼくがこうしてこの文章を。

①はそのまま
②はあとで
③はbon-sanがなんかするのでお楽しみに
④はとにかくスピーディーにラフでも作りかけでもなんでもいいので、曲をあげようかい
⑤・・・・

と。


基成ラジオというのをやっていたのです。
村上春樹の村上ラジオに触発されて、毎週水曜日にブログを書き続けるというそれを、今調べたら計34回。
2012年~2013年にかけてやから、24歳とかそれぐらいの時に。
あの時は色々あって、言うなれば一つのターニングポイントというやつで、ステージをひとつ上に上げるために色々と努力していかなあかんなと決意した時期で、継続して何か物事をやっていかなあかんな、という時期で、うわ凄い。今と似ているわ。

あれから随分とたくさんの物事があって。

けれど、まぁまたこうして何かを書けるというのは素晴らしいことです。

そして、何かを変えなければいけない、と思った時期に、何かを継続して行わなければいけないと思った時期に、またこうしてブログを定期的に書こうと決意したのも、何かのあれなんでしょう。
そう。あれよあれ。

というわけで、これから毎月第二日曜日は基成ラジオと題してブログをupするので、よろしくお願いします。
とりあえず、年内いっぱい続けばええなぁーと個人的には思っております。
いかんせん継続性がない人間なもんで、それがあかんなぁとは思っているのですが、なんにせよ自信がないもので、こっそりと始め、ひっそりと続いていければ、と、ここまで書いてみて、まてよ、まさかなぁ、と思って前回の基成ラジオの第1回目を読み返して見ると同じようなことを書いてました(笑)

駄目だこりゃ。

4年も経てばちょっとはマシになるかとおもいきや、人間の本性というものは中々に変えられないみたいです。
いやはや。

しかも今回はウィークリーやなく、マンスリー。
やのに気弱な宣言からなんて。
いやはや。

気長に頑張ってくので、よろしくお願いします。

  1. 2017/09/10(日) 23:39:17|
  2. 基成ラヂオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「最終少女ひかさ解散発表に寄せて」

最終少女ひかさ解散発表の2週間程前、Vo.の但野正和から電話があって、1時間8分41秒話し込んだ。

言いたい事は言ったし、聞きたい事も聞いた。

途中、正和と俺の立場が逆なら、正和は俺になんて言うんやろうなって何度も思った。

何度も思って、結局、言えることなんて、本質的には何にも無いことに気付いた。

全部、野暮になるもんな。


散々話した末の最後の会話。

基成「今から何するん?」
正和「今からスタジオで個人練」
基成「俺も今から練習やわ!」

ソノ夜はしんどいから、もう寝ようと思っていたのは、ここだけの話。


コイツ相変わらずストイックやわ。
負けてられんわ。
って無理して練習して、眠った。


ソノ2日後にインフルエンザにかかってしまったのは、ここだけの話。


例えばもしムシケが解散を発表したとして、ひかさみたいに、これだけの人がこれだけの反応を返してくれるだろうか。

無いやろうなぁ。

なんというか、その部分だけをとってみても、変な言い方だけれど、ひかさのことを羨ましいと思った。

それと同時に、やからこそ、もったいない、と。

その状況を俺らによこせ、俺らならもっとこうしたる、ああしたるって、そうか、もうこれすらも思えんくなるんか。


初めてあったのは京都nano。

あれは何年前や。

確か2013年やったから、そっか、もう4年近くになるのか。

結局、最終少女ひかさっていうバンドがあるうちにムシケは同じ土俵まで上がる事は出来なかった。

スタートは同じような場所からやったはずやのに、随分と差が開いちまった。

でもまぁ、解散したらば、勝負(っていうのがもしあるとするならば)は俺らの勝ち。

お前らの分も売れたるから、安心して散ってこい。

なんて、これも最後になるんやなぁ。

いくつかの、眩い夜が、記憶の中をチラチラいったりきたりしよる。

奴らの初めての企画(161倉庫)、小島基成企画(ファイアーループ2001)、漢だらけ(Duce)、因縁(161倉庫)、あの夜の続き(ソーコアファクトリー)、あの夜の終わらせ方(アポロベイス)、あ、ハードレインもあった。

どれもこれも死闘やったし、最高の夜やったし、最後は勝ち負けとかそーいうのやない場所へまで行けたような気がしているし、行ったし、また、夜を分け合いたかった。

また一瞬にライブしたかったなぁ。


ぼくにとって最終少女ひかさというバンドは負けたくないのに勝ちたいとは思わない、稀有のバンドでした。

戦友でした。

でした。


奴らの旅はもうゴールが見えて、後は到着するだけ。

悲しいやら、妬ましいやら、寂しいやら、羨ましいやら。

そっか、奴らはもうこの地獄という名の天国という名の地獄=ステージの上に上がらなくてすむのか。

あのキリキリするくらいの緊張感も、ギリギリの攻防も希望も絶望も、それらの先に稀に訪れる一瞬の歓喜も、全部置き去りにして、それぞれの居場所へと帰っていくのか。

その先にまた、それぞれの新しい旅は始まっていくのか、それとも道はそこで途絶えて、違うステージに移るのか、どうなのだろうか。


いいものを作ってれば、そのうち何処かでひょっこり再会できる。
カタチは変わったとしても、また、いつかどっかで。

そう信じて、僕らは僕らの道を進むだけ。


また、どっかで。

また、必ず、何処かで。


ムシケの旅の途上でまた、最終少女ひかさのメンバー達と巡り逢える日を俺は楽しみに、楽しみにして、もうちょっとだけこのステージの上にしがみついていこうと思います。


最終少女ひかさへ
ムシケより

逃げんなや。


嘘。


お疲れさん。

残りのライブ、精一杯、全力でな。


最終少女ひかさへ
ムシケより


愛を込めて。


ムシケVo.小島基成


Ps.ギターのしゅんきが俺に電話してこなかった件については、一生根に持ちます。
  1. 2017/04/26(水) 01:00:53|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ